FC2ブログ

『確定拠出年金の教科書』

確定拠出年金の掛金の運用を決める際に、参考になった一冊です。

 山崎元『確定拠出年金の教科書』日本実業出版社(2016年6月)

個人型確定拠出年金iDeCoの加入対象範囲が拡大された2017年1月頃から、確定拠出年金を扱った書籍が多数出版されました。しかし、2016年秋頃は、本書の他には数冊しかありませんでした。

山崎氏が主張する運用方法の概要は、下記のとおりです。

1. 確定拠出年金とNISAは、最大限の金額で利用する。
2. コストの安い国内外株式のインデックスファンドで運用し、国内株式と外国株式の比率はおおむね半々とする。
3. 期待収益率の高い商品を、確定拠出年金とNISAに割り当てる。

上記方法の場合、NISAでTOPIX連動型ETF、確定拠出年金で外国株式インデックスファンドを運用することが、ベストの選択肢になる可能性が高いと述べています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キース

Author:キース


自己紹介はこちら
最新の運用方針・戦術はこちら

投資信託(企業型DC除く)評価額、損益(%)推移
【2021年】
5月末 1,976万円(+47.5%)
4月末 1,940万円(+46.5%)
3月末 1,872万円(+41.2%)
2月末 1,760万円(+33.3%)
1月末 1,716万円(+29.7%)
【2020年まで】
20年末 1,670万円(+27.7%)
19年末 1,101万円(+12.5%)
18年末 1,423万円(-8.9%)
17年末 561万円(+10.0%)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR