FC2ブログ

セゾン投信第11期運用報告会

2018年2月12日、セゾン投信「第11期運用報告会」へ行きました。会場は、日比谷公園内の日比谷コンベンションホールです。

運用部長の瀬下哲雄氏が第11期運用報告を行ったほか、社長の中野晴啓氏とセゾン投信アドバイザーでFCP代表の房前督明氏が登壇しました。

瀬下氏より、2本のファンドの運用状況について、下記の説明がありました。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
・株式が堅調に推移したので、純投資額のほぼ全額が債権ファンドであった。
・第11期のリバランス効果はマイナスであった。長期ではリバランスは良い結果になるだろう。

セゾン資産形成の達人ファンド
・米国株式で、長期視点のファンドへ入れ替えを行った。
・相対的にパフォーマンスが低いファンドを購入した。
・組み入れるファンドは、十分調査して選定している。市場動向でパフォーマンスが低いファンドは、安く買うチャンスである。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キース

Author:キース


自己紹介はこちら
最新の運用方針・戦術はこちら

投資信託評価額、損益(%)推移
【2020年】
6月末 1,742万円(+8.0%)
5月末 1,668万円(+6.0%)
4月末 1,522万円(+0.9%)
3月末 1,285万円(-7.7%)
2月末 1,262万円(+3.1%)
1月末 1,353万円(+12.4%)
【2019年まで】
19年末 1,330万円(+13.5%)
18年末 1,543万円(-8.7%)
17年末 634万円(+10.1%)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR