FC2ブログ

先進国株式インデックスファンドの信託報酬引き下げ

2017年1月以降、低コストの先進国株式インデックスファンドが新たに登場し、既存ファンドの信託報酬も徐々に下がりました。

・2017年2月 「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」登場 信託報酬0.20%(消費税抜き、以下同じ)
・2017年10月 「iFree 外国株式インデックス」信託報酬引き下げ(0.21%⇒0.19%)
・2017年10月 「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」信託報酬引き下げ(0.20%⇒0.19%)
・2017年11月 「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」信託報酬引き下げ(0.20%⇒0.189%)
・2017年11月 「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」信託報酬引き下げ(0.19%⇒0.189%)
・2017年12月 「たわらノーロード先進国株式」信託報酬引き下げ(0.225%⇒0.20%)

三菱UFJ国際投信は、「eMAXIS Slim」シリーズの信託報酬を業界最低水準にすることを目指しています。他社ファンドが信託報酬を引き下げると、追随して引き下げています。

2017年12月29日、三菱UFJ国際投信は「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」の信託報酬を、2018年1月30日に0.189%から0.1095%へ引き下げることを発表しました。2018年1月12日に登場する「EXE-i つみたて先進国株式ファンド」へ対抗する引き下げです。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キース

Author:キース


自己紹介はこちら
最新の運用方針・戦術はこちら

投資信託(企業型DC除く)評価額、損益(%)推移
【2021年】
5月末 1,976万円(+47.5%)
4月末 1,940万円(+46.5%)
3月末 1,872万円(+41.2%)
2月末 1,760万円(+33.3%)
1月末 1,716万円(+29.7%)
【2020年まで】
20年末 1,670万円(+27.7%)
19年末 1,101万円(+12.5%)
18年末 1,423万円(-8.9%)
17年末 561万円(+10.0%)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR