FC2ブログ

先進国株式インデックスファンドの信託報酬0.1%未満に

先進国株式インデックスファンドの信託報酬は、0.1%未満の時代に入ります。

2019年5月23日、ニッセイアセットマネジメントが「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」の信託報酬を0.109%から0.0999%へ引き下げると発表しました。

6月3日には、三菱UFJ国際投信が「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」の信託報酬を0.109%から0.0999%へ引き下げると発表しました。

業界最低水準の運用コストをめざすのが「eMAXIS Slim」シリーズですので、三菱UFJ国際投信の対応は想定どおりです。

「eMAXIS Slim」シリーズは、ファンドの純資産総額に応じて、500億円以上の部分は信託報酬が-0.005%、1,000億円以上の部分は-0.01%になります。「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」の純資産総額は450億円を越えており、間もなくさらに低コストになります。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キース

Author:キース


自己紹介はこちら
最新の運用方針・戦術はこちら

投資信託評価額、損益(%)推移
【2020年】
7月末 1,702万円(+11.2%)
6月末 1,742万円(+8.0%)
5月末 1,668万円(+6.0%)
4月末 1,522万円(+0.9%)
3月末 1,285万円(-7.7%)
2月末 1,262万円(+3.1%)
1月末 1,353万円(+12.4%)
【2019年まで】
19年末 1,330万円(+13.5%)
18年末 1,543万円(-8.7%)
17年末 634万円(+10.1%)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR