FC2ブログ

運用成績(2018年5月末)

2018年5月31日時点での、リスク資産の運用成績です。

5月は中旬まで上昇しましたが、月末には4月末とほぼ同じ水準へ戻りました。

評価額購入額損益増減率
結い21011,837,6121,700,000+137,612+8.09%
ひふみ投信395,818350,000+45,818+13.09%
セゾン資産形成の達人ファンド1,083,2211,050,000+33,221+3.16%
コモンズ30ファンド312,782300,000+12,782+4.26%
ひふみプラス982,570880,000+102,570+11.66%
[NISA] ひふみプラス1,394,6611,315,000+79,661+6.06%
eMAXIS Slim 先進国株式
インデックス
1,901,5791,870,000+31,579+1.69%
たわらノーロード先進国株式1,879,3681,800,000+79,368+4.41%
[DC] 三井住友・DC外国株式
インデックスファンドS
984,968935,000+49,968+5.34%
合計10,772,57910,200,000+572,579+5.61%
前月比+737,508+675,000+62,508+0.25%

スポンサーサイト



みずほ銀行口座開設

みずほ銀行に口座を開設しました。

2018年5月11日に申込書類を郵送し、5月26日に本人限定受取郵便でみずほダイレクトご利用カードを受け取りました。

楽天証券口座開設

楽天証券で口座開設手続きを行いました。

ネット証券ではSBI証券に特定口座とNISA口座を開き、特定口座で「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」、NISA口座で「ひふみプラス」の毎営業日積立を行っています。

SBI証券をメイン口座とする方針に変更はなく、楽天証券はサブの位置付けです。

2018年5月10日に申込手続きを行いました。簡易書留で口座開設完了書類の配達があったのが5月15日、私が受け取ったのが5月19日です。

ひふみの運用報告会

2018年5月19日、レオス・キャピタルワークスが開催した「ひふみの運用報告会」を聴講しました。

全国8箇所のイオンシネマで同時開催し、東京会場から7会場へライブ中継しました。私は東京会場のイオンシネマ板橋へ行きました。

運用本部長の湯浅光裕氏が近況報告、社長の藤野英人氏が2017年10月から2018年4月の投資環境、運用部長の渡邉庄太氏とシニア・アナリストの栗岡大介氏が個別銘柄紹介を行い、藤野社長が今後の運用方針を説明しました。

その後、営業本部長の白水美樹氏の司会で、Twitterで寄せられた質問へ藤野氏、湯浅氏、渡邉氏、栗岡氏が回答しました。

ライブ中継終了後も、質疑応答が行われました。

運用成績(2018年5月15日)

2018年5月15日時点での、リスク資産の運用成績です。

外国株式ファンドが好調で、半月で損益が24万円増えました。

評価額購入額損益増減率
結い21011,848,7551,700,000+148,755+8.75%
ひふみ投信401,428350,000+51,428+14.59%
セゾン資産形成の達人ファンド1,055,0151,000,000+55,015+5.50%
コモンズ30ファンド319,126300,000+19,126+6.38%
ひふみプラス996,414880,000+116,414+13.23%
[NISA] ひふみプラス1,354,2491,255,000+99,249+7.91%
eMAXIS Slim 先進国株式
インデックス
1,811,6521,740,000+71,652+4.12%
たわらノーロード先進国株式1,920,0631,800,000+120,063+6.67%
[DC] 三井住友・DC外国株式
インデックスファンドS
950,511880,000+70,511+8.01%
合計10,657,2139,905,000+752,213+7.59%
4月末比+622,142+380,000+242,142+2.23%

銀行預金

資産運用方針のとおり、2020年末にリスク資産が全金融資産(※)のおおむね50%となるように、リスク資産での運用を徐々に増やしています。

無リスク資産は、すべて銀行預金です。

定期預金は、あおぞら銀行と新生銀行に預けています。2018年2月までは、オリックス銀行にも定期預金がありました。

普通預金は、主にイオン銀行に残高を集めています。イオンカードセレクトを持っていて、金利が0.1%(税引前)となるためです。

※金融資産には企業型確定拠出年金を含み、従業員持株会は含まない。

東証IRフェスタ2018

2018年3月17日、「東証IRフェスタ2018」へ行きました。会場は、パシフィコ横浜です。

目的は澤上篤人氏の講演を聴講することで、桐谷広人氏の講演も聴きました。

澤上氏は、直販投信の草分け「さわかみファンド」を運用するさわかみ投信の設立者で、現在は会長を務めています。お話をお伺いしたい方の一人でした。

桐谷氏は、バラエティ番組『月曜から夜更かし』でブレイクした株主優待投資家です。

9周年コモンズフェスタ

2018年3月10日、「9周年コモンズフェスタ」へ行きました。会場は、コングレスクエア中野です。

午前は、コモンズ投信社長の伊井哲朗氏が運用報告を行いました。1月に実施した「ザ・2020ビジョン」運用体制変更の説明もありました。

午後の対話の部では、コモンズ投信の投資先より資生堂の魚谷正彦氏、マネーフォワードの瀧俊雄氏、コマツと三菱商事のIR担当者が登壇しました。

さらに、「コモンズSEEDCap」寄付先のmore trees、「コモンズPOINT」寄付先の日本知的障害者水泳連盟もプレゼンテーションを行いました。「コモンズSEEDCap」は「コモンズ30ファンド」の信託報酬の1%を社会起業家へ、「コモンズPOINT」は「ザ・2020ビジョン」の信託報酬の1%を障がい者スポーツへ寄付しています。

全国ありがとうキャラバン

北海道旭川市の実家へ帰省中の2018年4月27日、レオス・キャピタルワークスが旭川で開催した「全国ありがとうキャラバン」に参加しました。

旭川市民文化会館大会議室に、約30人が集まりました。講師は、4月から運用部に加わった堅田雄太氏です。堅田氏のほか、竹中さんと押切さんがいらっしゃいました。

押切さんによる開催レポートが、レオス・キャピタルワークスHPにあります。

"成功"投資のための原則

2018年5月9日、セゾン投信とバンガードの共催セミナー「"成功"投資のための原則」へ行きました。会場は、大手町の日経カンファレンスルームです。

セゾン投信社長の中野晴啓氏は、アメリカの401kの事例から長期投資の有効性を語りました。

続いて、バンガードのネイサン・ザーム氏が、4つの投資哲学「ゴール」「バランス」「コスト」「規律」を説明しました。
プロフィール

キース

Author:キース
投資信託評価額、損益(%)推移
【2019年】
9月末 1,610万円(+1.52%)
6月末 1,945万円(+1.90%)
3月末 1,897万円(+1.75%)
【2018年】
12月末 1,543万円(-8.66%)
9月末 1,437万円(+10.43%)
6月末 1,145万円(+5.42%)
3月末 917万円(+3.15%)
【2017年】
12月末 634万円(+10.10%)
9月末 367万円(+5.47%)
6月末 149万円(+3.42%)
3月末 16万円(+1.65%)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR