FC2ブログ

「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」純資産総額4,000億円突破

「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」の純資産総額が、2021年5月10日に4,000億円を超えました。

3,000億円到達は2021年3月8日です。2ヶ月で純資産総額を1,000億円増やしました。
スポンサーサイト



「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」純資産総額3,000億円突破

「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」の純資産総額が、2021年3月8日に3,000億円を超えました。

1,000億円到達が2020年5月28日、2,000億円到達は2020年11月25日です。3ヶ月半で純資産総額を1,000億円増やしました。

「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」純資産総額2,500億円突破

「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」の純資産総額が、2021年1月21日に2,500億円を超えました。

2,000億円到達は、2020年11月25日です。2ヶ月かけずに、純資産総額を500億円増やしました。

「楽天・全米株式インデックス・ファンド」より、純資産総額で600億円以上多いです。

「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」純資産総額2,000億円突破

「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」の純資産総額が、2020年11月25日に2,000億円を超えました。

1,000億円到達は2020年5月28日で、半年で純資産総額を1,000億円増やしました。

1,000億円まで先行した「楽天・全米株式インデックス・ファンド」より、純資産総額は400億円以上多いです。

「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」純資産総額1,500億円突破

「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」の純資産総額が、2020年9月1日に1,500億円を超えました。9月3日には1,600億円に達しましたが、9月7日時点では1,543.66億円です。

1,000億円到達が2020年5月28日で、3ヶ月で純資産総額を500億円増やしています。

純資産総額1,000億円までは「楽天・全米株式インデックス・ファンド」が先行しましたが、「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」が逆転しました。他の主な米国株式インデックスファンドの9月7日の純資産総額は、次のとおりです。

 1,348.12億円 楽天・全米株式インデックス・ファンド
 686.46億円 SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド

「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」純資産総額1,000億円突破

「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」の純資産総額が、2020年5月28日に1,000億円を超えました。

設定日は2018年7月3日、500億円到達が2020年1月20日でした。「コロナショック」以降、資金流入が加速し、4ヶ月で純資産総額が倍増しました。

純資産総額500億円未満の部分は信託報酬率0.088%、500億円以上1,000億円未満の部分は信託報酬率0.0875%です。1,000億円以上の部分にはさらに低い信託報酬率0.087%が適用されます。

「楽天・全米株式インデックス・ファンド」は、「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」より1日早く、5月27日に純資産総額1,000億円を突破しています。

「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」の純資産総額

「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」の純資産総額が、2020年5月8日に「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」の純資産総額を超えました。5月8日の純資産総額は、次のとおりです。

 894.13億円 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
 886.55億円 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

2019年末には、先進国株式が300億円以上上回っていました。2020年2月下旬からの「コロナショック」以降、米国株式への資金流入が加速し、4月末には差が10億円未満に縮まりました。

他の米国株式インデックスファンドも資金を集めています。5月8日の純資産総額は次のとおりです。

 921.82億円 楽天・全米株式インデックス・ファンド
 311.19億円 SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド

「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」純資産総額500億円突破

「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」の純資産総額が、2020年1月20日に500億円を超えました。

100億円ごとの到達日は、次のとおりです。

 設定日 2018年7月3日
 100億円 2019年1月18日
 200億円 2019年6月14日
 300億円 2019年9月12日
 400億円 2019年12月13日
 500億円 2020年1月20日

純資産総額500億円未満の部分は信託報酬率0.0880%で、500億円以上の部分は信託報酬率0.0875%となります。

「SBI・バンガード・S&P500」新規設定記念セミナー

2019年10月31日、六本木のSBI証券本社で開催された、バンガード×SBIグループ共同ブランドファンド「SBI・バンガード・S&P500」新規設定記念セミナーを受講しました。

「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」は、「バンガード・S&P500 ETF(VOO)」へ投資するファンドです。VOOの経費率が0.03%、ファンドの信託報酬率が0.058%(税抜き)で、実質的な信託報酬率0.088%です。

SBI証券の榮聡氏が「米国株の投資魅力と見通し」を講演した後、バンガード・インベストメンツ・ジャパンの渡邊雅史氏が「バンガードとジョン・ボーグル:航路を守れ」と題して、バンガードの投資哲学を語りました。

最後は、渡邊氏とSBIアセットマネジメント社長の梅本賢一氏のトークセッションです。梅本社長から、投資家の要望に応じて新たな共同ブランドファンドを立ち上げていく、との話がありました。また、「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」を意識していて、純資産総額が伸びれば信託報酬率を下げる可能性はある、とのことです。

「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」信託報酬率引き下げ

三菱UFJ国際投信が2019年10月15日、「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」の信託報酬率を11月12日より0.15%から0.088%へ引き下げることを発表しました。

実質的な信託報酬率0.088%の「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」が登場したので、いつ「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」が信託報酬率を引き下げるか、注目していました。

10月18日に開催された三菱UFJ国際投信のブロガー・ミーティングに参加した方の情報によると、運用を継続できるかの社内調整に時間を要したそうです。
プロフィール

キース

Author:キース


自己紹介はこちら
最新の運用方針・戦術はこちら

投資信託(企業型DC除く)評価額、損益(%)推移
【2021年】
5月末 1,976万円(+47.5%)
4月末 1,940万円(+46.5%)
3月末 1,872万円(+41.2%)
2月末 1,760万円(+33.3%)
1月末 1,716万円(+29.7%)
【2020年まで】
20年末 1,670万円(+27.7%)
19年末 1,101万円(+12.5%)
18年末 1,423万円(-8.9%)
17年末 561万円(+10.0%)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR