FC2ブログ

ひふみ投信セミナー 笑って学ぼう「落語と投資」

2019年5月28日、レオス・キャピタルワークスが開催した、立川談吉×藤野英人 笑って学ぼう「落語と投資」を聴講しました。

セミナールームに高座が設けられ、故立川談志師匠の最後の弟子である立川談吉さんが落語を披露しました。

落語の後は、社長の藤野英人氏と談吉さんのトークショーでした。

2019年ひふみの運用報告会(半期)

2019年5月26日、レオス・キャピタルワークスが東京国際フォーラムで開催した「2019年ひふみの運用報告会(半期)」を聴講しました。

「レオス・キャピタルワークスの紹介」では、運用本部長の湯浅光裕氏が経営理念などを説明した後、社長の藤野英人氏がひふみのCSV(Creating Shared Value)を語りました。

「2018年10月~2019年3月の投資環境」は、藤野氏と運用部長の渡邉庄太氏の対談形式です。

「アナリストの視点」では、シニア・アナリストの八尾尚志氏がSaaS(Software as a Service)、同じくシニア・アナリストの佐々木靖氏が5Gを説明しました。

「今後の運用方針」には、藤野氏、渡邉氏と経済調査室長の三宅一弘氏が登壇し、三宅氏が政治経済の見通しを説明した後、藤野氏が運用方針を語りました。

質疑応答は、シニア・アナリストの高橋亮氏を除く運用部メンバーと三宅氏が登壇し、営業本部長の白水美樹氏が司会を務めました。

ひふみ投信セミナー「激動の時代を乗り越える、江戸の資産運用」

2019年5月22日、レオス・キャピタルワークスが本社で開催したセミナー、歴史好きアナリスト小野がお伝えする「激動の時代を乗り越える、江戸の資産運用」を受講しました。

下関出身のアナリスト小野頌太郎氏が、長州藩のファンド「撫育方(ぶいくかた)」を紹介しました。

ひふみアカデミー

2019年5月10日、レオス・キャピタルワークス本社で開催された「ひふみアカデミー」を受講しました。

前半は、ナビゲーターをアナリストの小野頌太郎氏が務め、社長の藤野英人氏と2人で報告を行いました。後半の質疑応答には、シニア・アナリストの栗岡大介氏を除く運用部メンバー10人が登場しました。

終了後、シニア・アナリストの八尾尚志氏が、上海モーターショーの出張報告を行いました。

ひふみサロン 藤野英人『お金を話そう。』出版記念ワークショップ

2019年4月22日、レオス・キャピタルワークスが本社セミナールームで開催した、ひふみサロン「藤野英人『お金を話そう。』出版記念 みんなでお金を話そう!ワークショップ」に参加しました。

藤野社長と弘文堂編集者の加藤聖子氏が『お金を話そう。』について語った後、受付時のくじ引きで選ばれたグループごとのワークショップに移りました。

ワークショップでは「10億円あったら何に使うか」と、31個のQ&Aからカードを引いて選択したテーマについて話し合いました。

ひふみアカデミー

2019年4月8日、レオス・キャピタルワークス本社で開催された「ひふみアカデミー」を受講しました。

2017年4月に「はじめてのひふみ」を受講して以来、様々なイベントに参加してきましたが、「ひふみアカデミー」の受講ははじめてです。

前半は、社長の藤野英人氏が風邪で欠席し、代理で運用本部長の湯浅光裕氏が出席しました。ナビゲーターは、シニア・アナリストの高橋亮氏です。

後半の質疑応答には、藤野社長を除く運用部メンバー9人と、経済調査室長の三宅一弘氏が登場しました。

ひふみ投信セミナー「投資と心理の関係性」

2019年3月14日、レオス・キャピタルワークスが本社で開催したセミナー「投資と心理の関係性」を受講しました。

講師は、パートナー営業部の小林維氏です。行動経済学を交えて、「おカネ」との付き合い方、「投資」の考え方の話がありました。

ひふみ投信セミナー「主要国金融政策の行方と株式市場展望」

2019年2月26日、レオス・キャピタルワークスが本社セミナールームで開催したセミナー「主要国金融政策の行方と株式市場展望」を受講しました。

講師は、経済調査室長の三宅一弘氏です。

日経CNBC開局20周年記念シンポジウム

2019年2月1日、大手町の日経ホールで開催された、日経CNBC開局20周年記念シンポジウム「金融、投資の明日を拓く」を聴講しました。

3部構成のシンポジウムで、私は第2部と第3部を聴きました。

第2部に、ほぼ日社長の糸井重里氏とレオス・キャピタルワークス社長の藤野英人氏が登壇しました。

ひふみ投信セミナー「2019年の世界経済と株式市場展望」

2019年1月28日、レオス・キャピタルワークスが本社セミナールームで開催したセミナー「2019年の世界経済と株式市場展望」を受講しました。

講師は、経済調査室長の三宅一弘氏です。
プロフィール

キース

Author:キース


自己紹介はこちら
最新の運用方針・戦術はこちら

投資信託評価額、損益(%)推移
【2020年】
7月末 1,702万円(+11.2%)
6月末 1,742万円(+8.0%)
5月末 1,668万円(+6.0%)
4月末 1,522万円(+0.9%)
3月末 1,285万円(-7.7%)
2月末 1,262万円(+3.1%)
1月末 1,353万円(+12.4%)
【2019年まで】
19年末 1,330万円(+13.5%)
18年末 1,543万円(-8.7%)
17年末 634万円(+10.1%)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR